空いた土地を有効利用するため、様々な土地活用の方法を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、中には土地等の不動産を所有していても、資金がないので土地活用ができない人もいます。

そのため、事前にしっかりと予算計画を立てておく必要があります。

資金がない時は、金融機関や公的機関等から借入を行う事もできますので、事前に準備しておくと良いでしょう。

また資金は大丈夫ですが、その後の運営資金が心配な方は、補助金制度を利用するのも一つの方法です。

土地活用を行う際、多くの人たちは自己資金と借入金で賄いますが、活用方法如何によっては自治体から補助金をもらう事もできます。

補助金制度を知らない人もいますので、予算計画を立てる時に補助金申請の計画も一緒にしておくと良いでしょう。

自治体の補助金制度ですが、土地活用を行う時に「サービス付き高齢者向け住宅」を建築すると、税制面の優遇に加え、自治体から補助金をもらう事ができます。

サービス付き高齢者向け住宅というのは、一般的にバリアフリー形態の住宅を言います。

介護と医療が連携し合って、お年寄りの生活をサポートする施設です。

サービス付き高齢者住宅を建築する事で所得税、法人税、固定資産税、不動産取得税等が優遇されます。

また補助金は新築建築費が1/10、改修費は1/3となり、それぞれ1戸当たり100万円が上限で受け取る事ができます。

これら補助金制度を有効活用すると良いでしょう。

予算について不安な方は、スマイスターの無料相談をお勧めします。

手っ取り早いのは駐車場

最近では、土地を有効的に活用しようという人が増えています。

しかし、土地活用をしようと思っても予算が限られているということで、活用法が制限されてしまうこともあるようです。

予算が少ない場合はどんな土地活用ができるのでしょうか?

予算がないということであれば、手っ取り早く駐車場を作って土地活用をしようと考える人が多いです。

駐車場の場合は舗装さえされていれば、利用できるということで予算を抑えることも可能です。

更地となっている土地の場合は、舗装を行う費用がかかってしまいますが、それ以外に費用がかかることはないので予算が少ない人には特におすすめです。

その後も費用がかさんでしまうという心配もなく、土地を遊ばせているよりは効率的に収入を得られるようになります。

土地活用を行ううえで、最もリスクや予算が少なくてもできる活用法となっています。

賃貸のアパートやマンションは予算がなくても経営できる

賃貸のアパートやマンションというのは、建物を建てる段階で多額な費用がかかると考えている人も多いと思います。

しかし、賃貸のアパートやマンションを建てる場合の資金は、予算がなくても建てることが可能となっています。

土地を担保にしてアパートやマンションを建てる資金を借り入れすることができ、予算がないという人でもこの方法を取ることで借り入れができます。

借り入れをして経営が上手くいかずに、借り入れ金を支払えない場合は担保となっている土地がなくなってしまうこともあります。

しかし、土地を担保としているだけなので、それ以外で生活に支障をきたすことはないので安心できます。

手元に現金がない場合であっても借り入れを行うことで、賃貸のアパートやマンションを建てられるようになり、このシステムを利用して土地活用を行っている人も多いのです。

建物を建てようと考えている場合は、長年付き合って生きるような企業を選ぶ必要があります。

企業として信用できるかなどを調べたい場合は、他の企業と比較してから検討しましょう。

予算のかからない方法を知るためにも、ある程度調べる必要があることを覚えておいてください。