空いた土地、不要な土地をそのままにしている人もいますが、そのままでは税金等もかかりますのでお勧めできません。

遊休地等の空いた土地は、有効に利用する事で利益を得る事もできます。

土地活用の方法も様々ですが、その中の一つにワンルームアパート経営があります。

2015年より相続税が増税された事で、不動産を相続した際の有効活用で悩む人が増えています。

不動産の状態にもよりますが、利用価値がある不動産であれば、前述のようにアパート経営をするのも一つの方法だと言えます。

アパート経営をする事で、様々なメリットを得る事ができます。

大きなメリットとしては、毎月安定的な現金収入が見込める事です。

アパート経営は長期に渡って家賃収入を得る事ができますので、安定した生活ができます。

自分で運営管理もできますが、面倒であれば不動産会社の管理業務に一任できますので、相談してください。

不動産会社が運営、管理をしてくれれば手間がかかりませんので、空いた時間に別の副業等もできます。

そして狭い土地でできるのも、アパート経営のメリットになります。

一戸建て住居を建築できるスペースがあれば、運営や管理ができます。

その他の土地活用法と比べて土地の形状による制約が少なく、また部屋の数や間取りに対するバリエーションが多いのも魅力です。

このように多くのメリットがありますが、不明な点は土地活用のサポートを行っているスマイスターに無料相談してみると良いでしょう。

あなたに合ったプランを紹介してもらえます。

使っていない土地は何を作れば良い?

土地を相続してもどのように利用して良いかが分からず、使っていないということも良くある話です。

土地は使っていない場合でも、固定資産税が発生してしまうため、何かしらの土地活用を行うことをおすすめします。

土地活用を行うことで固定資産税の金額が下がったり、税金を支払えるようになります。

使っていない土地を利用して、土地活用を行う場合はアパートやマンションの運営が一般的です。

アパート経営であれば、1室にかける建築費を抑えることができるうえ、部屋数が多いということでより高い利益を得られます。

家賃収入で経営をしていくタイプの土地活用となり、住民の入れ変わりはありますが長い間は安定した収入が入ってきます。

地域の環境に適している部屋を作ることで、様々なニーズに対応できるようになり、需要も高くなっていきます。

安定した収入が欲しいといっても、周りの住宅の家賃などを加味したうえで、賃貸住宅の家賃を考えていきましょう。

家賃というのはある程度重視される所でもあるため、あまりにも高すぎてしまうと空室が目立ってしまうこともあるので注意してください。

同じアパートやマンションでもワンルームが利益率が高い

坪数が同じであっても、家族向けのアパートを建てるよりワンルームのアパートを建てるべきである、と考えられます。

なぜかというと、利益率を考えると家族向けの場合は、そこまでの部屋数を確保できないからです。

ワンルームのアパートの場合は、仕事をしている女性や学生などの需要が高いため人気もあります。

家庭向けのアパートを建てた場合は、近隣の環境である学校や便利さが優先となってしまうため、これらが不便な場所では空室が目立ってしまうこともあるのです。

しかし、ワンルームのアパートであれば職場が少々遠くても、問題がないと考える人が多いのです。

もちろん家賃的に考えると1件あたりが安くなってしまいますが、部屋数を多くできるということで毎月の収入も上がります。

収入をより安定させたいという人には、家族向けのアパートよりもワンルームのアパートの方が良いと考えられます。

まずは無料でもらえる資料を確認し、必要となる資金や経営プランなどを考えるのも大切です。

ワンルームアパートの利点を良く精査してみましょう。