相続等で土地を相続した場合、その土地を有効に活用する事で収益を得る事も可能です。

効率的な土地活用によって、本業がある方は副業として、そうでない人は専業としてできます。

本業がある方は副業によって、今まで以上に生活にゆとりが出てくるかもしれません。

副業として行う土地活用の方法も様々ですが、代表的に例として次のものがあります。

まずマンション、アパート経営です。

マンションやアパート経営は定番ですので、ご存じの方も多い事でしょう。

マンションやアパート経営は、相続税や固定資産税等の税金対策や毎月の安定収入も期待でき、長期的にも安心できます。

しかし初期投資や、建物の修繕費や管理費等を考慮しておく必要があります。

次にトランクルーム経営です。

最近は街中等でも、トランクルームを良く見かけるようになりました。

トランクルームにも種類があり、屋内トランクルームと屋外コンテナタイプに分かれますので、自分がやりやすい方法を選択してください。

トランクルーム経営は初期投資額が低いのが魅力ですので、新規参入しやすい事業といわれています。

また屋内、屋外それぞれに設置できますので、空室等のリスクも回避しやすいようです。

その他にもビル経営や戸建賃貸経営、また駐車場経営等様々な副業がありますので、自分に合った土地活用を選択すると良いでしょう。

そして副業の選択に迷った時は、日本最大級の不動産サービス、価格比較のポータルサイト、スマイスターの無料相談の利用をお勧めします。

サラリーマンに最適

本業がある方の中には、何か副業を見つけている方もいるかもしれません。

そういう方におすすめしたいのが、土地活用です。

土地活用の種類も多いのですが、その中の1つであるアパート、マンション経営がおすすめです。

アパート、マンション経営であれば本業があっても大丈夫です。

サラリーマンの副業として、その人気は高まっています。

以前のような終身雇用、年金に頼る時代は終わりました。

終身雇用は能力性へ、また年金は支給年齢の延長や支給額の減額など、時代は変化しています。

将来の安定した生活を手に入れるには、本業以外にもう1つ仕事を持つことが大切です。

そのための方法として、アパート、マンション経営があります。

実際に、本業のサラリーマンで得られる収入に加えアパート、マンション経営で副収入を得ている人も少なくありません。

多くの収入を得ることができれば、将来の老後生活の心配もなくなります。

サラリーマンの中にはアパート、マンション経営が会社に知られるのではと思っている人もいます。

しかしこのような副収入は、たとえ会社の業務に著しい支障が出なければ、会社に知られても多くの場合は問題ないといわれています。

不安な場合は、事前に会社に伝えておけば良いでしょう。

サラリーマンとの兼用

アパート、マンション経営を考えている人の中には、サラリーマンと兼用できるのか心配な人も少なくありません。

確かに本業が忙しいと、副業にも支障が出るかもしれません。

しかしアパート、マンション経営の場合、管理や経営は不動産屋や管理会社に任せることができます。

そのため、サラリーマンの方は本業に専念できるのです。

退職した後に始める人もいますが、現役のうちに始めた方が将来の備えとして安心です。

副業として土地活用の方法もあります。

そして土地活用の中のアパート、マンション経営がサラリーマンに人気があります。

本業以外の収入を希望している方は、アパート、マンション経営の詳しい勉強をしましょう。