駐車場経営、太陽光発電設置…土地活用にはさまざまな方法があります。

その中でもやはり高利益をみこめて、税制面でも優遇されるアパート・マンション経営は人気が高いものとなっています。

その土地活用のためのアパート経営で実は住宅ローンが活用できることをご存知でしょうか。

住宅ローンなら通常のアパートローンに比べて、審査が厳しくなく長期、低金利で借りられるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンは自分が居住する建物にのみ使うことができるものとされていますので、「建物の半分以上を住居として使用」という条件を満たさないといけません。

そのために賃貸併用住宅というプランを採用するオーナーも増えてきています。

賃貸併用住宅にすればその家賃収入を住宅ローンのそのまま充てることも可能ですので、便利でしょう。

賃貸併用住宅でもっとも一般的なのは、木造型小規模住宅です。

当然ながらそこに住まないといけないこと、それにこの場合建物の建築にある程度の制約があることも覚えておくべきかもしれません。

土地活用のアパート経営をするために使える住宅ローンのケースについて紹介してきました。

複数の有名不動産会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト「スマイスター」なら、アパート経営のための査定や難しい住宅ローンのことなど土地活用の無料の相談が可能ですのでぜひ利用してみてください。

生命保険の代わりになるというのはどういうこと?

最も土地活用で一般的になっているのは、賃貸住宅の経営です。

土地を持っている人にとっては、色々なメリットがある経営だと思われます。

賃貸住宅の経営を行うと、生命保険の代わりにもなります。

賃貸住宅を建てる時は、住宅ローンを組んで建てていくのが一般的です。

住宅ローンに付帯する団体信用生命保険に加入することで、地主さんまたはオーナーが亡くなってしまった場合でも、残りのローンが保険で返済されます。

よって、住宅ローンを完済したマンションとして、遺族の方に残すことができるようになります。

月々の収入は今までと変わらず入り、相続した賃貸住宅の家賃収入も入ってきます。

もちろん売却することも可能となっているため、売却をした金額が家族に入ることで安心できるというメリットがあります。

賃貸住宅の場合はできるだけ部屋数を多くする

土地活用をしたとしても1つの部屋が狭くなってしまうことはあまり良くありませんが、ワンルームとしてであれば問題はないでしょう。

近隣に学校や企業がある場合は、ワンルームの賃貸住宅を作っても入居者が出てきます。

ワンルームでも部屋数を多くすることができれば、1ヶ月に入る家賃収入も当然高くなっていきます。

家族に相続できるものを残したいと考えている人は、このように賃貸住宅として相続する方が良いと思われます。

時には賃貸住宅の空室が見られることもあり、事前に想定した通りに家賃収入が得られなくなってしまい、ローン返済に支障が出てしまうこともあります。

会社によっては自社のメリットばかり気にして、オーナーの利益を上げることに力を貸してくれない場合もあるでしょう。

やはり、信頼できる実績を持った会社を選んで、パートナーになってもらうことがポイントとなります。

賃貸経営は長いスパンになってしまうので、土地活用を行う時はきちんと会社を選ぶようにしましょう。

まずは無料の資料請求をして、様々な会社と比較してから契約を決めてください。