日々の生活に増え続ける税金、その節税対策として土地活用が近年ブームとなっています。

本当に土地活用で初期費用を安く抑えることができるのか?

さまざまなその方法を紹介していきます。

代表的な土地活用としてはアパート経営がありますが、それよりも初期費用を低く、場合によっては0円でも始められるのが駐車場経営です。

コインパーキングや平面駐車場は初期費用数十万円ほどですむこともあります。

駐車場や更地なら収益をすぐ現金化することができますので、相続税対策としても優秀です。

また初期費用の安い土地活用として次に注目を集めているのが、トランクルーム経営です。

趣味やビジネスで使うものを一時的に収納してくれる場所として人気が高まっています。

日当たりが悪い、駅から遠い、狭いなどアパートや駐車場には難しい土地でも活用が可能なところがメリットといわれています。

そして太陽光発電に活用するのも一つの方法です。

国が再生エネルギーへの転換として太陽光発電を推進しはじめてから、年々その設備費用が減少しています。

またそれに加えて自治体によっては補助金制度がある場合もあるので問い合わせてみるべきでしょう。

土地活用の初期費用を安く抑える方法を紹介してきました。

アパート経営が増えすぎて需要がない現在、これらの方法は検討の価値アリです。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト「スマイスター」なら、初期費用を低くできる土地活用も無料の相談が可能ですのでぜひ利用してみてください。

土地の規模や周辺環境などを考慮する

スマイスターでは、土地活用を行ううえでの相談ができるようになっています。

特徴としては、土地活用の相談を複数の会社に一括で依頼することが可能です。

土地を所有している人や、土地を購入して経営をしたいと考えている人の相談にも乗ってくれます。

更地の土地を持て余している、土地を購入して経営をしたいという相談を持ちかける人が大勢います。

土地をどのように活用していけば良いのかは、土地の規模や周辺環境によっても違ってきます。

大学や専門学校、企業の工場が近くにあるなどといった場合は学生や一人暮らし、家庭を持っている人が住みやすい賃貸のアパートやマンションを建てることがおすすめです。

また、商業施設が多い道路沿いや表通りに面している土地の場合は、コインパーキングが良いかもしれません。

コインパーキングで経営をしたいという場合は、このような場所で経営を行うと回転率が高いため、より高い利益を求めることができます。

集合住宅などが近くにある場合は、駐車場にすることで空車なく利用してもらうことができるでしょう。

周辺環境を良く考慮したうえで、土地活用や経営を行うのがポイントとなっています。

初期費用やコスト、管理形態の比較ができる

土地活用を始める段階は、初期費用がかかってしまうものです。

初期費用の比較をして、より安くできる会社を選択したいという声も多いです。

月にかかる管理費や、積立金の額などを比較することも重要になってきます。

月々にかかる管理費は、管理会社と結ぶ契約の種類やオプションによって違うため、複数の会社へ依頼して内容を比較したり確認することで、自分が行いたい経営に適しているものが見つかります。

賃貸経営の場合は空室となってしまうことで、収入が減ることもあります。

空室対策や入居者の集客に対して、能力がある会社であるかというところも比較対象となります。

複数の会社に一括で相談ができるため、活用法や費用に関しての比較は簡単です。

土地活用が難しいと思っている人は、相談してみると良いでしょう。

まずは、無料の資料請求をしてから土地活用について考えてみてください。