不要な土地をそのままにしておくよりも、効率的に活用して収益を得た方がお得です。

活用の方法は色々ありますが、手軽に始めたいという人にお勧めなのがトランクルームです。

以前と比べて、最近はトランクルーム市場の規模は拡大傾向にあり、土地活用が初めての方の中にも新規参入する人が出てきています。

トランクを使用した土地活用は、投資資金が少ない上に利回りも高い傾向にあります。

トランクルーム経営は、物理的によって区切られた空間を利用して行います。

自分の家等に置ききれないものや会社の書類、備品等を置いたりする人も多いです。

実際に収納可能なものは、基本的に金銭、貴重品、生鮮品、危険物以外なら大丈夫です。

その他にも特定時期しか使用しないタイヤ、レジャー用品、家電、衣服等、置き場所が足りない人に最適です。

トランクルームは屋外型のレンタル収納スペースと、屋内型のレンタル収納スペースがあります。

屋内型のレンタル収納スペースは大きめなコインロッカーみたいなもので、賃貸借契約を行った契約者だけが利用できます。

また屋内型レンタル収納スペースは、建物内部をパーテーションで区切って使用する事が多いです。

その他に、倉庫業者のレンタル収納スペースがあります。

実際に倉庫業を営むには、国土交通大臣の登録を受ける必要があります。

土地活用としてトランクルームを始める場合、色々と不安な点も出てくるかもしれません。

その時は、スマイスターの無料相談を利用してみてください。

様々な物を収容できます

土地活用のため、様々な方法を考える人も少なくありません。

活用方法は色々ありますが、その中の1つにトランクルームがあります。

空いた土地にトランク型の部屋を設置することで、収益を得ることができます。

土地活用として、トランクルームを設置する人も少なくありません。

トランク設置は区切られた空間を有効活用する方法で、自宅に収容できない物を保管するために利用されます。

実際に収納できる物はお金、貴重品、危険物、生鮮品、生物以外であれば基本的に問題ありません。

例えば特定の期間使用するタイヤ、レジャー用品、家具などを収納する人もいます。

このような形態を持つサービスはたくさんあり、その全てはトランクルームと呼ばれています。

しかし本来は、「トランクルーム」と「レンタル収納スペース」に分類されます。

そして、それぞれの用途によって使い分けられています。

メリットについて

実際にトランクを設置して土地活用を行う人もいますが、そのメリットはあるのでしょうか?

まず利回りが高く、初期費用を軽減できることです。

平均的な利回りは20%といわれています。

場所によっては電気が必要になることもありますが、基本的にガスや水道の必要はありませんので、その分初期費用を軽減できます。

また、物件の管理が比較的楽な点も挙げられます。

アパートやマンション経営と比べて構造が単純ですので、管理はほとんど必要ありません。

トラブルなどないか、定期的に点検するだけで大丈夫です。

しかし設置するコンテナの数が増えてくると、その分契約や解約などの手続き、また料金回収どの管理業務が増えますので注意が必要です。

最近は管理を代行してくれる業者もありますので、時間がない時は依頼してみると良いでしょう。

その分管理の手間が省けます。

土地活用として、トランクルーム設置もまた1つの方法といえます。

他の方法と比べて、初期費用を縮小できますのでおすすめです。

しかし設置する場合は、ある程度の土地を確保しておくことが大切です。

不明な点は、業者に相談して確認すると良いでしょう。