利用しなくなってしまった土地をなんとかして活用することはできないのか?

そんな悩みを抱える所有者は近年全国各地で増え続けているようです。

使わなくなってしまった土地活用はハードルが高いものですが、中でも相続税対策に頭を悩ます割合は比例して多くなってきています。

そもそも相続税とは?そこから紹介して活用への道を探ります。

相続とは亡くなったひとが持つ財産を一定範囲の親族が相続することをいい、相続税とはたとえばその土地を所有するひとが亡くなった時に相続したひとにかかってくる税金のことをいいます。

土地の相続税評価計算方法については、市街地の土地の評価額の基礎となる路線価がある場合はその路線価に基づいて相続税は計算されていきます。

路線価がある土地からは遠い場合は、固定資産税評価額に定められた倍率を乗じて算出していく計算をしてその土地の相続税額は導き出せます。

土地の相続税シミュレーション計算サイトなどもありますので、使ってみればおおよその額がわかるでしょう。

相続税対策は生前対策が大切!といわれているようになによりも早めに行うことが肝心です。

しかし対策を行う前に相続が発生してしまった際には評価や遺産の分割など節税することでまだ対策方法は残っています。

土地活用のための相続税対策を紹介してきました。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト「スマイスター」なら相続税対策も無料の相談が可能ですのでぜひ利用してみてください。

建物を建てたり土地活用を行うことで税金を抑えられる方法

土地を持て余しているという人は、その土地に住宅や賃貸の建物を建てることにより、固定資産税などが軽減されることをご存知ですか?

土地はそのまま放置しているというよりも、住宅や賃貸のアパートなどを建てる方法を取ることにより、固定資産税の負担額が減る仕組みとなっています。

土地が更地となっている場合は、評価額の軽減措置を受けられないため、みすみす高い固定資産税を払わないといけないのです。

更地の状態となっている場合は、ランニングの税金も高いままとなってしまうため、自己負担額ばかりがかさんでしまいます。

また、更地の土地に建物を建てたり、土地活用を行うことで相続税の対象としても効果的です。

日本では相続税というものがあり、譲り受ける財産に対して税金がかかるようになっています。

相続税の最高税率は50%といわれていて、半分の財産がなくなってしまうことになります。

土地活用の借り入れを行っている場合は、債務控除が設けられるようになったり、建物を賃貸にすることで賃貸建付け地の評価が下がったりしますので、相続対策をする方法として土地活用をするべきだと考えられます。

国の考えとしては更地にしているよりも、土地活用を行うことで経済活性化に繋げてほしいと考えていて、これらの方法をとることで相続対策ができるようになっています。

年金問題が深刻化してきている今、賃貸で土地活用

年金問題が深刻化している今は、自分が年金をもらえる年まで働けるのかということも大きな課題です。

今は年金支給年齢が65歳となっていますが、現在40代の人が年配になった場合は65~70歳でないと年金がもらえない状態になることも考えられます。

65歳でも働くということが難しいように感じ、老後が不安だという人も多いのです。

土地活用で土台を作っておくことで、老後の心配がなくなる方法があります。

それは、余っている土地に賃貸の建物を建てることで安定した収入が入るようになり、年金がもらえない60歳でも安心して生活ができるようになります。

例えば部屋数が4部屋の場合に家賃が7万円とすると、1ヶ月に28万円の収入が得られるようになるのです。

このように老後を心配する声が高まっている中、土地活用の方法によっては老後の年金問題も解消されます。

これは他人事ではなく、誰もが今後体験し考えるべき問題となります。

まずは、無料で資料請求を行うことで賃貸経営の見通しが立つといえるでしょう。