遊んでいる土地をどうにか活用できないかと考えている方は、近年大変増えてきています。

老後の土地活用を考えた際に、どこに相談したらいいのかわからない、大きな買い物のことだから知識をもっと知っておきたい、という方も多いことでしょう。

まず土地には価格が4種類あることをご存知でしょうか。

不動産サイトなどで表示されている価格は、この種類によってかなり差額が生じているので注意が必要です。

・実勢価格

市場取引で取引される時価や相場と言われる価格でそのつど変動する価格のことを「実勢価格」といいます。

実情の価格に近いことでもっともメジャーな価格といえます。

・公示地価(基準地価)

国や都道府県が公示している土地価格のことをいいます。

よくテレビで銀座などが最高価格として報道されるのもこちらのことです。

あらかじめ決められている地点ごとでの発表になるので、近くの土地の価格を知りたいならそれだけの補正が必要になります。

・相続税評価額

土地活用の際に必須となる相続税を算出するための基礎価格のことです。

相続税用の価格ですので実際の取引価格とは差異が生じます。

・固定資産税評価額

相続税と同じく固定資産税を算定するための基礎算定価格です。

こちらもあくまで税額計算用の価格なので、実際に取引する価格とは相違があります。

老後の土地活用のために必須である土地価格について紹介してきました。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターで無料の相談が可能ですのでぜひ活用してみてください。

土地活用を利用して利益を得る

親から譲り受けた土地、荒れ果てている土地はそのままにしておくと勿体無いです。

土地活用をすることで、1年に1回の土地にかかる固定資産税の税金問題を解決できます。

皆さんが持て余している土地で、土地活用をしてみましょう。

親から譲り受けたという土地は売った方が良いのか、土地活用をして利益を得た方が良いのか、ということが問題になってきます。

親から譲り受けても、土地を持っていることで税金はかかってしまいます。

ある程度の人は、土地を売ってしまおうと考える人が多いのですが、土地活用をすることで長期間にわたって利益を生み出してくれるようになります。

土地活用をして利益を生み出すことができれば、安定した収入が入ってくるということで、税金問題が解決できます。

将来のことを考えるのであれば、売ってお金にするよりは土地活用をして、年金暮らしになっても安定した収入が入るようにした方が良いでしょう。

土地活用でアパートやマンションを建てる

土地活用はその土地の坪数によっても変わってきますが、アパートやマンションの建築を行うことも可能です。

元となる土地があるということで、建物を作る資金が必要になるだけです。

今は金利が超低金利となっているため、アパートやマンションを建てたほうが良いと考えられます。

駐車場やパーキングエリアといった土地活用も良いのですが、より安定を求める場合はアパートやマンションの方が良いのではないでしょうか。

アパートやマンションを建てることで、毎月安定した家賃収入が入ってくるようになりますので、建物を建てた返済に充てることも可能です。

超低金利ということもあり、家賃収入で返済ができ、後に家賃収入で生活ができるようになっていきます。

立地が悪い場所であっても今は車を持つ時代になっているため、アパートやマンションを建てても、そこまで問題はないと思われます。

土地の活用に困っている人は、まず無料請求で資料を請求して、自分の合っている方法で土地活用を行っていきましょう。