遊休地等、空いた土地を有効に利用する時は、固定資産税等の税制面にも注意する必要があります。

承知の通り固定資産税というのは、土地や建物、償却資産に課される地方税を言います。

実際にこれらの税金を支払うという事は、何かしらの行政サービスを受けているわけですので、その一部を負担する事になります。

土地活用を行う時は、税金の特例制度、優遇制度等をしっかりと把握する事が大前提です。

土地活用にかかる固定資産税を適正にするには、課税されている償却資産を確認してください。

償却資産は土地や建物以外の有形事業用資産をいい、毎年事業者が市区町村に提出する償却資産申告書によって課税額が決まります。

償却資産には、空調設備や電気設備等の建物付属設備が含まれます。

償却資産は建物の評価に含まれ、一緒に課税されます。

例えば家庭でも使用するエアコンは償却資産ですが、天井埋め込みタイプのエアコンは建物の一部になります。

さらに照明設備の場合は、屋外にあれば償却資産になり、屋内にある時は建物になるのです。

そのため本来建物になるものを償却資産として申告すると、建物と償却資産、それぞれに重複課税される事もあります。

土地に建物を建築する場合、建物と一緒に課税されますので、しっかり確認しておいてください。

重複すると、余計な固定資産税を支払う事になりますので注意が必要です。

土地活用と税金について不明な点は、スマイスターに無料相談してみると良いでしょう。

税金を払うのが勿体無い

現在、使っていない土地や荒れ果てている土地がある場合は、土地活用を利用して利益を得るようにしましょう。

使っていない土地や荒れ果てている土地というのは、持っているだけでも固定資産税がかかってしまいます。

土地に建物が建っていないのであれば、余計に固定資産税が膨らんでしまいますので、土地活用を行うことで手っ取り早く税金問題を解消できます。

年配になってくると更地になっている土地や、荒れ果てている土地を整備することはとても大変です。

また、使っていない土地に税金を支払いたくないという人もいます。

使っていない土地は不動産会社に相談をすれば、買取ってくれることもあります。

しかし、せっかく持っている土地を、使わないからという理由で売ってしまうのは勿体無くはないでしょうか。

坪数によっては固定資産税がかかってしまうため、使わないのであれば売ってしまおうと考える人は絶えません。

土地を持て余しているのであれば、土地活用を行うことで坪数に関係なく固定資産税の問題がなくなります。

土地活用で得た収入で固定資産税を支払う

坪数や坪の価値によって、固定資産税がどれくらいかかってしまうか分かりづらいでしょう。

しかし、更地になっている場合と建物が建っている場合とでは、固定資産税の値段も変わってきます。

土地活用で賃貸アパートの経営を行っている場合は、固定資産税を毎月の家賃収入の中から支払うことも可能です。

固定資産税を支払っても、十分に自分の手元に家賃収入が残るので、土地を放置しておくのであればその坪数を活かした経営を行うのが良いでしょう。

自分ではどうしたら良いのか分からない場合であっても、土地の地主さんということで相談に応じてくれる会社は多くあります。

更地となっていて、使っていない土地に固定資産税を払いたくない人は、土地活用をして少しでも利益を得られるように考えましょう。

まずは無料で資料の請求を行い、検討したうえでどの経営方法が自分に合っているかを検討してはいかがでしょうか。