先祖代々続く田舎の土地を相続したけれど、現在は住む予定もない。

けれど遊ばしておくのはもったいない…現在の日本では多くきかれる悩みの声です。

ひとつの解決策としてその土地を思い切って売却するという方法があります。

しかし土地活用のためにその土地を売却しようとしているけれど、どうしても不利になってしまう条件というものがいくつかあることをご存知でしょうか。

その中のひとつがその土地が「市街化調整区域」であることです。

都道府県はあらかじめ決められた市街にするよう設定してある「市街化区域」があり、そこから外れたいわゆる郊外にある「市街化調整区域」では建物やビルを建築するには厳しい審査が入ります。

この取り決めや審査は不動産のプロフェッショナルでもかなり難解な部類に入り、場合によっては市街化調整区域であるというだけで、不動産会社から相談等を断られるケースもあります。

また利便の悪さから市街地よりも田舎の場所となる市街化調整区域の土地は買う側にメリットが少ないとされていることもあって不動産価格が低めに抑えられています。

以上に挙げてきた条件もあって、市街化調整区域の土地活用、売却には難しい面もありますが、逆にいうと競争相手が少なく、またそこを突いた専門の不動産会社もあります。

郊外であることを生かしての企業の倉庫としての活用や、老後に静かな田舎で暮らしたいと願う世代にも市街化調整区域は受けがいいともいえますので粘り強くプロである不動産会社に相談してみるべきでしょう。

市街化調整区域となる所有地の土地活用について紹介してきました。

素人ではなかなかわからないことや解決策も専門家なら思わぬ活路を見出してくれることもあります。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターなら無料の相談が可能ですのでぜひ活用してみてください。

市街化調整区域とは?

土地活用では都市計画法という法律によって、色々な規制がされていることもあります。

その規制に乗っ取って、街づくりをしなければならない決まりとなっています。

都市計画により計画的な市街化を図るため、用途地域によっては自分の土地であっても建築できる建物が決められています。

市街化調整区域とは、市街化を防ぐために規制がある区域のことです。

市街化調整区域の土地では、道路や下水道、防災施設などの都市整備も遅れていることで、厳しい規制がされています。

よって土地活用では個人の所有物といっても、賃貸アパートやマンションなどの建設ができなくなっています。

この地域が市街化調整区域ということを知らずに土地を購入してしまった、というケースも出ています。

市街化調整区域では増改築ができないことや、許可を受けた人以外の人が住んではいけないという決まりもあります。

市街化調整区域の土地活用をする場合はどうすれば良い?

もともと市街化調整区域では、生活に必要な店舗や図書館、公民館などの施設や老人ホームなどであれば、建設であっても許可が出るようになっています。

市街化調整区域で土地活用をしようと考えている場合は、賃貸アパートやマンションでなければ許可が下りることが多いのです。

駐車場やトラック会社などの重機置き場、資材置き場や家庭菜園などで土地活用をする場合は問題はありません。

駐車場を作る場合は、近隣が市街化区域で住宅が多い土地に向いています。

またトラック会社などの重機置き場、資材置き場として使ってもらうことで、毎月同じ収入が得られるようになります。

家庭菜園でできたものを販売して利益を得ることもでき、市街化調整区域の土地活用には、これらの方法であれば利益を生ませることが可能となっています。

これ以外のものを個人で土地活用として行う場合は、違反になる可能性がありますので注意が必要です。

せっかくの土地活用を、間違えてしまわないようにしましょう。

駐車場などで土地活用を考えている場合は、まず無料の資料請求を参考にしてみてください。