皆さんは、土地活用と聞いてどのようなことを連想しますか?

様々な方法をイメージするかもしれませんが、大切なことはその土地に合った方法を見付けることです。

東京で、土地を活用するために注意する点を紹介しましょう。

法律の知識

土地活用をする場合、空いた土地に建物を建築する人も少なくありません。

特に東京は人口も多いので、マンションやオフィスビル、テナントなどを設置すれば多くの入居者を見込めます。

しかし実際に建物を建築する時は、まず建物の知識を身につけておくことが大切です。

建物を建築する場合、特に大切なのが都市計画法です。

まずはこの都市計画法について、しっかり理解しておく必要があるでしょう。

都市計画法には、土地は利用の仕方についての細かい規程があります。

都市には市街化を積極的に行う市街化区域と、市街化を抑制する市街化調節区域に分類できます。

このうち、マンションやオフィスビルを建築できるのは市街化区域になります。

そして用途地域が異なると、容積率や建物の高さも変わります。

この用途地域は「住居」、「商業」、「工業」の3つに分類されます。

マンションやオフィスビルなどで多くの収益性を上げるためには、商業や工業地域に建築する必要があります。

用途地域について

東京で土地活用を行う場合、まずは都市計画について理解してください。

商業地域は駅周辺に多く設定されていますので、この辺を選んで利用すると良いでしょう。

また容積率については、200~1300%の範囲内で規定されています。

利用する地域によっては、道路1つで用途地域が変わることも考えられますので注意が必要です。

まず利用予定地域がどのような場所なのか、事前にマーケティングを行うことをおすすめします。

そしてその地に合った方法で、土地を有効利用してください。

東京で土地活用を予定している人も多いかもしれません。

東京は人口も多いので、様々な活用法が考えられます。

しかし実際に活用する前に、まずは法律などの知識を身につけておくことが大切です。