土地活用と聞くと、マンションやアパート経営、また駐車場や商業施設等を思い描きます。

皆さんの中にも、様々な事をイメージする人が多いと思いますが、すべての土地が広いわけではありません。

その中には狭い土地もありますので、狭い土地に見合った方法を考える必要があります。

また土地が狭いだけでなく、その形状も三角形になったり細長い形になっていたり等、建物を建築するには適さないものも少なくありません。

このように狭い土地もありますが、立地等の条件によっては有効活用できる事もあります。

有効活用できる例をいくつか紹介します。

よくあるのが三角地です。

小さい三角地はオシャレに見えるところも多く、利用次第では有効に活用できるケースも少なくありません。

三角地の有効活用としては、ディスプレイ等があります。

商品見本のディスプレイとして利用したり、パネル等を設置したりと、他の方法と比べてオシャレに演出できます。

また人通りが多い、車の量が多い場所であれば、狭い土地に自動販売機を設置できます。

自動販売機や土地の大きさにもよりますが、場合によっては複数個の自動販売機の設置も可能です。

自動販売機を設置する時は専門の業者に依頼する必要がありますので、まずは一度相談してみてください。

また土地活用全般の事なら、土地活用でおなじみのスマイスターに無料相談してみるのも良いでしょう。

スマイスターであれば、狭い土地の土地活用のアドバイスもしてくれます。

予算や費用で土地活用を行う

狭い土地を持っている場合はどのように土地活用を行えば良いのか、分からなくなってしまうことも多いです。

賃貸の家やアパートを建てるには土地が狭いということで、更地となっていることもあります。

更地のままで放置してしまうと、そのままで良いかなどと思ってしまうこともあるでしょう。

土地活用行うことで収益を見込めるようにすれば、安定した収入が得られるようになります。

土地や建物には担保となる価値があるため、借入金を利用すれば現金がなくても土地活用が行えます。

現金ではないため予算がないという人でも、安心できるシステムなのです。

コインパーキングであれば、コインパーキングの会社が費用を持っていくれるということもあるため、費用の負担はなくなります。

このように考えていけば、自分にはどの土地活用が適しているかを見極めることができるようになるでしょう。

借り入れを行うときは土地や建物自体を担保にして、家賃経営で得た資金で返済していくことが可能です。

例えば500万円の資金を借り入れし、家賃収入の利益が毎月50万円となる場合の利回りは10%となります。

これを上手く利用することで利益も得られて、返済も滞らずに経営を行うことが可能になります。

リスクが少ない方を選ぶ

リスクの大きさは、建物を建てるということで大きくなってしまいます。

なので、建物を建てないという土地活用を行うことも考えていく必要があります。

リスクが小さい土地活用は、駐車場や太陽光発電、トランクルームなどの建物を建てない土地活用がメインとなります。

駐車場の場合はある程度、舗装されていれば利用者はいるでしょう。

しかし砂利道のような感じになっていると、石が跳ね返って車を傷つけてしまうこともあるため、利用者が少なくなってしまうことも考えられます。

リスクが低い、低予算で済むといってもある程度の設備が必要になります。

土地活用を予算やリスクで選ぶ場合は、まずは確認を行い予算を比較してみた方が良いと思います。

予算ばかりに気をとられていると、思いがけず大変なことになる可能性もありますので注意しましょう。