田舎の土地を先祖からの財産として相続して、問題になってくるのが固定資産税の支払いです。

現実問題として家族が住居を建てて住むのは無理がある、しかし遊ばせておいてもただ単に永遠に固定資産税を支払い続けなければいけないことになり重荷となってしまいます。

そのための土地活用の手段としては多く分けて2つあります。今回のその方法について紹介していきます。

・売却したい場合

これは田舎の利便性の悪い土地なら不利になるといわざるをえません。

しかし企業が思わぬ場所で工場や倉庫設置などの計画を立てている可能性も捨てきれませんし、田畑である場合は地域の住人が引き続き同じ目的で使うこともありますからそのあたりの情報やつながりを冷静に見極める必要があります。

・賃貸などでの活用

土地を貸すなどする賃貸では、アパートやマンションが主流です。

しかし観光地が近いなどのその土地の地域性や特徴をふまえて、貸別荘や観光用のペンションなどを経営することも考えておきましょう。

もちろん企業や法人の要望に沿う土地なら貸し出したり、道路に面しているなら駐車場をつくることも可能になります。

田舎に所有している土地の活用方法について紹介してきました。

素人ではなかなかわからないことや解決策も専門家なら思わぬ活路を見出してくれることもあります。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターなら無料の相談が可能ですのでぜひ活用してみてください。

アパートやマンションを建てて貸す場合

田舎の土地というのは比較的価値が安いということで、家を田舎に建てようと考えている人もいます。

また、親が持っていた土地を土地活用することで、利益を生み出せないかという人もいるでしょう。

田舎の土地活用の場合は、アパートやマンションを建てて貸す、土地自体を貸す、太陽光発電などで利益を得ることが一般的です。

田舎といっても働き口がないということはなく、移住者や転職者、高齢者の方たちが住む場所を探していることもあります。

そのためアパートやマンションといって、入居する人がいないということはありません。

賃貸のアパートやマンションを建てるということは、多額の資金が必要となってしまいますが、建物や土地を担保にしてローンで建てることも可能です。

アパートやマンションを建てて成功すれば安定した収入が入るようになりますので、先のことまで考えて投資や運営をしていかなければなりません。

田舎ではアパートやマンションの需要は低いですが、交通が便利になる駅の周辺や県外から人が集まる大学、大きな工場がある地域であれば学生や労働者向けとして賃貸住宅を建てるのも良いでしょう。。

田舎であっても近隣に施設が多い場合は?

田舎であっても近隣にレジャー施設やリゾート施設、テーマパークやスキー場などがあれば、ペンションや貸し別荘を建てるのも良いでしょう。

季節が限定されてしまうような地域では安定した利益が取れるとは考えにくいですが、レジャー施設やリゾート施設、テーマパークなどが近隣にある場合は、時期を問わず利用者が現れると考えられます。

しかし、ペンションや別荘を建てて土地活用を考えている場合は宿泊施設となってしまうため、旅館業の適用を受けなければなりません。

従って、消防署や保健所の検査などをクリアする必要があります。

また、田舎でも土地活用を上手く行えば利用者も増えていき、SNSなどの口コミから利用客も増えていくと考えられます。

田舎の土地活用は、どのように行ったら良いのか迷っている人も多いでしょう。

まずは資料請求を行い、効率の良い土地活用の方法を考えていくのも良いかもしれません。

どうしても分からない部分は、専門の業者に尋ねてみましょう。