現代日本で問題視されているのが、地方で増加し続ける利用されていない土地、つまり空き地利用問題です。

経理としては資産として計上されるものではありますが、人が住まなくなるほど土地活用ができないのであれば、空き家などとは違って劣化する心配はないものの、ずっと固定資産税が発生しつづけてしまうわけですから、なんとか土地活用ができるように全面的な見直しをするべきでしょう。

ここでは建物を建築しなくても土地のまま利益を生み出せる代表的な方法を紹介します。

・土地活用のケース コインパーキング

比較的都心にあったり、駅前であったり、幹線道路が近い、学校などの公共施設が近いなど条件がそろうなら空き地をコインパーキングにすることもできます。

その場合はコインパーキング運営会社が駐車場にするための費用を負担してくれることもあって、比較的始めやすい土地活用といえるでしょう。

・土地活用のケース 貸農園

郊外であれば周囲には畑以外なにもない、という土地も多くあります。

そんな場合は貸農園として転用させるという方法もあります。

ただ水道、柵などを設置したいなら当然費用もかかってきます。

貸農園のニーズは昨今どんどん高まっていて特に都心部から1時間ほどの場所なら、問い合わせもよくあるそうです。

空き地の土地活用のための方法の一部を紹介してきました。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターなら空き地の土地活用の方法など無料の相談が可能ですのでぜひ利用してみてください。

貸地や駐車場として利用すれば費用がかからない

空き地となっている土地であっても、固定資産税は発生してしまいます。

空き地は維持費がかかるだけ勿体無いと考えている人も多いですが、土地活用の方法が分からないという人も多いのです。

土地の所有者である地主さんが、駐車場や貸地にして土地を活かしていくことも可能です。

貸地にする場合は、その土地を借りたい人との契約となり、土地を借りた人が家を建てたりすることで自分が費用を負担する必要はありません。

また、駐車場やコインパーキングなどにした場合の負担費用は、最小限に抑えることができます。

土地活用の中でもっとも手軽に始められるのが、駐車場の経営です。

経営を辞めたい場合でも、1ヶ月前に通知をするだけとなっているため、比較的簡単な経営が可能です。

また、周辺に住宅が密集していたりすることで、安定した収入が見込めるようになっています。

空車になってしまうと収入が減ってしまうため、アスファルトの塗装や屋根付きの駐車場にするといった工夫をすると、空車を防げるようになっていきます。

高い収益が見込めるのはコインパーキング?

土地活用をする場所や土地の規模にもよりますが、コインパーキングの運営は初期投資の負担が不要です。

なぜかというと、土地活用でコインパーキングを作る場合は、駐車場化する費用全てをコインパーキング運営会社が負担するようになっています。

その上、一般的な駐車場よりも高く貸せる可能性があり、初期投資が必要なく高い収益が見込めるようになるのです。

ただし、コインパーキングを作る場合は駅前や幼稚園、保育園や小学校の周辺、幹線道路沿いなど地域が限定されていることがあります。

コインパーキングの運営をしたいという場合は、良く考えたうえで結論を出した方が良いでしょう。

コインパーキングで土地活用をしたいと考えている場合は、無料で資料請求をしてみるようにしましょう。

コインパーキングに適している土地や規模、空き地の場合などを確認することができます。

土地を持て余しているのであれば、考えてみると良いでしょう。