少子高齢化等の影響もあり、最近は空き家の数が以前と比べて増えてきています。

高齢化により親が老人ホームへ入所したり、また亡くなったり等、様々な事情によって家を管理できる人が減っています。

そのため自治体等でも、土地活用として空き家の有効利用が考えられています。

空いた家をそのまま放置していると倒壊や放火等の問題もありますので、早めの対処が求められます。

空き家の有効活用としては、まず賃貸の方法が考えられます。

空いた家を整備して第三者に賃貸すれば、家賃収入を得る事が可能です。

家の状態にもよりますが、リフォームによって賃貸可能な物件にできます。

家賃収入と聞くと、マンションやアパート等をイメージしますが、一戸建ての住宅も少なくありません。

また一戸建ての住宅は、マンションやアパートと比べて管理が簡単ですのでお勧めです。

戸建賃貸物件を行う場合、入居ターゲットはファミリー層が主になりますので、ファミリー層向けにリフォームする人もいます。

しかし家の状態が悪いと、多額の初期投資がかかる事も考えられますので注意してください。

空き家の有効な土地活用としては、売却処分もお勧めです。

リフォームの費用が多額になる場合、土地と一緒に売却して処分する方が利益になる事もあります。

土地を売却する場合、複数の不動産会社に査定依頼すると良いでしょう。

不動産会社を見つけるのが面倒な方は、土地活用でおなじみのスマイスターへの無料相談がお勧めです。

空き家は後に土地活用を置こうなうために更地にするのが一番

古くなってきている空き家を管理するのはとても大変です。

費用がかかることや労力を使っても、利用者がいないということでは利益を生みません。

空き家は日本の各地に増えていて、社会問題にまで発展しています。

空き家を管理することは、費用が無駄にかかってしまうことが多いです。

空き家をリフォームやリノベーションをするにしても、多額な費用がかかってしまうためおすすめはできません。

税金の問題も発生してしまうため、更地にしてから土地活用を行うことを考えた方が得策です。

更地にすれば土地活用を行う幅も広がり、利益が得られるようになることから費用が無駄になる心配もありません。

建物を解体して更地にする場合は、解体にかかる費用が数百万円程度かかってしまうともいわれています。

しかし更地にして土地活用を行うことで、その数百万円は収入という形で戻ってきます。

一部の自治体では、助成金を補助する制度を実施していることもあるので、一度自治体に聞いてから解体作業に移りましょう。

より安定した収入を求める場合は?

土地活用をするのであれば、そんなことでもリスクを伴います。

リスクを伴いたくないが安定した収入を得たいという場合は、駐車場を作ることでリスクを抑えることができます。

駐車場であれば、初期費用が多額にかかってしまうリスクも低いことから、周辺に住民が多い場合の更地は駐車場がベストであると考えられます。

家に駐車場が1台分しかないと答える人も多く、夫婦で生活している家庭では駐車場の問題が浮上することが多いです。

利用者を少しでも増やしたいと考えている場合は、その駐車場に付加価値をつけた方が良いでしょう。

更地をアスファルトに舗装したり、屋根をつけるといったことでも効果があると考えられます。

資料を確認してどのくらいの費用がかかるかを、他社などと比較してみましょう。

空き家を上手く活用し、安定させた方法を模索してください。