土地活用を行おうとする時に避けては通れないのが用途地域です。

用途地域とは、建物をどのように使うか、その建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)や容積率(延床面積に対する敷地面積の割合)、建物の高さの制限、土地面積の制限などを定めた都市計画法の中の分類のことです。

12ある分類の中でももっとも厳しいとされているのが、第一種低層住居専用地域です。

高さ制限が10メートルとされていてそのため店舗設置も難しく、おだやかで暮らしやすい良好な住環境を目指すとされているのだそうです。

そのため自分の所有する土地が第一種低層住居専用地域ならば、土地活用には注意が必要です。

例にするなら大規模な賃貸マンションや、遊戯施設、オフィスビルの建築は第一種低層住居専用地域では不可能となり、建ぺい率も30%~60%ですから賃貸としての土地活用は比較的困難ととらえておくべきでしょう。

しかし共同住宅を建てることそれ自体には第一種低層住居専用地域には規制がありませんから、現在ある建物をそのまま利用したりなどの方法も検討の余地があります。

第一種低層住居専用地域の土地活用をどのように始めたらよいのか、その概要を紹介してきました。

土地活用にはいろいろな規制がありますが専門家なら思わぬ活路を見出してくれることもあります。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターなら無料の相談が可能ですのでぜひ活用してみてください。

第一種低層住居専用地域とは?

都市計画法は、街づくりの枠組みを定めているもので12の種類に分かれています。

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中層住居専用地域などです。

これらには建物の用途、敷地面積に対しての建築面積の割合、高さ制限などが決められているため、土地活用をする場合でも高層マンションは建てられません。

この12の種類の中でもっとも厳しい制限なのが、第一種低層住居専用地域となっています。

第一種低層住居専用地域では、建物の高さが10mまでと決まっているため3階建てまでが限界です。

建物の高さが10mまでと決まっているため高いマンションなどがなく、圧迫感のない地域となっています。

また敷地が細かく分割されるのを防ぐため、行政が面積の最低ラインを決めていることも多いのです。

高層マンションなどがないため住んでいる人の数も増えすぎず、街中であっても渋滞や混雑が起きにくい地域となっています。

第一種低層住居専用地域のマンションの特徴

第一種低層住居専用地域で土地活用をしようと考えている人は、参考程度にご覧ください。

敷地面積に対して多くの部屋数を用意して、より高い利益を得ようとするマンションがあります。

しかし、第一種低層住居専用地域では高層マンションを立てることができないということもあり、3階までのマンションが多く見られます。

土地活用を行う人の中には、高さ10mの規制があるのであれば車庫を地下に設けて、狭い土地でも有効に活用しようと考えています。

地下に車庫があるということで4階になってしまいますが、高さ制限を超えていないため、このマンションであれば建設は可能です。

また、3階建てとなるとエレベーター無しでも建設はできます。

このように土地活用を行っていけば、第一種低層住居専用地域であっても規則に基づいて利益を得ることも可能です。

建設や維持費に対しての費用の比較をし、納得のいくまで十分に調べてみることをおすすめします。