駅前に遊休地がある場合、効率の良い土地活用を行う事で利益を得る事ができます。

駅前の土地活用も様々ですが、お勧めは駐車場経営です。

最近は車の運転をしない人が増えているという話を聞きますが、地方では車がないと不便なところはたくさんあります。

そのため駅まで車で来て、その先は列車に乗り換える人も少なくありません。

駅には専用の駐車場がありますが、日によっては専用駐車場では賄えきれない事もあります。

その場合、駅前の遊休地を駐車場に整備すると、多くの人たちの利用を見込めます。

また土地が狭い時は立体駐車場にする事で、ある程度の利益を得る事ができます。

土地活用として駐車場を選択するのも、一つの方法と言えます。

そして、もう一つの方法は賃貸住宅経営です。

駅前といった有利な立地を活用する事で、多くの収益を得る事が可能です。

駅から近いという事もあり、新築マンションやアパートを建築すると十分な入居者を見込めます。

もちろん土地の形状、広さ等によって実際に得られる収益は異なりますが、工夫次第で収益を増やす事も可能です。

土地活用が初めての方は色々と不安な面もあると思いますが、そんな時は専門の業者にお願いしてみると良いでしょう。

様々な業者がありますが、その中でもスマイスターがお勧めです。

スマイスターは日本最大級の不動産サービス、価格比較ポータルサイトとして多くの人たちが利用しています。

また無料相談にも応じてもらえますので、不明な点があれば一度無料相談してみると良いでしょう。

駅前の土地はビルを建てる

土地を利用しても近隣の状況に応じては、賃貸アパートやマンションなどが立てられない場合があります。

駅前の土地というのは土地を有効活用できる場所となっていて、土地活用を上手く行うことで、その駅を利用する人も増えます。

駅前となると、商店街が広がっているというイメージが強いのではないでしょうか?

駅前に、商店街が広がっているというイメージを持っていることは古い考えです。

最近ではどこの駅前でもビルが建っていて、商業施設や企業が駅前を栄えさせています。

ビルを建てるということは、貸地として事業をしたい人が集まるのを待つ必要があります。

しかし事業を行いたいという人がいれば、ビルはすぐにいっぱいとなり、安定した収入が見込めるようになります。

ビルを建てるということは、1月の収入も当然増えるので駅前の土地活用に生かせると考えられます。

駅前のビルに入って商売をしようと考えるお店とは?

駅前のビルを、店舗として利用しているお店はたくさんあります。

ファッション関係や専門病院、英会話や脱毛、カフェや飲食店などのお店が店舗として構えたいといってくるでしょう。

固定資産税を支払うのは年に1回ですが、ビルということで1F~最上階までのお店が家賃という形でお金を支払ってくれます。

このように土地活用を行うことで、賃貸のアパートやマンションよりも安定した収入が入ってくるようになります。

実際に、駅前の土地を持っていることでビルを建て、その利益だけで生活しているという人もいます。

経営自体は個々のお店が行うので、ビルの外装管理だけを行うだけで済みます。

アパートやマンションとなってしまうと、入居していた人が引っ越した段階で費用がかさんでしまうこともありますので、駅前にビルを建てるということは有効的な土地活用であると考えられます。

ビルを建てるには初期費用が必要となります。

駅前のリサーチなどを含め、専門の企業に相談しましょう。

専門家であれば、分かりづらいこともしっかり教えてくれるはずです。