駐車場として土地活用をするポイント【上手なプラン】

駐車場経営での土地活用が上手くいく方法

土地活用の方法も様々ですが、その中の一つに駐車場経営があります。

遊休地があるのであれば駐車場経営する事で、ある程度の収益を得る事ができます。

土地活用で駐車場経営を行う時は、まず駐車場の種類を把握しておいてください。

駐車場経営は、「月極駐車場」と「コインパーキング」の2つのタイプに分けられます。

そして月極駐車場は業者に募集、管理委託する「管理委託方式」と、業者に駐車場の全てを転貸する「一括借上方式」があります。

またコインパーキングは、業者に土地を賃貸するだけの「土地賃貸方式」と、自分で駐車場を整備、管理し業者に運営を委託する「自己経営方式」に分かれます。

その他に業者を一切介さずに行う方法もありますが、素人の方にとっては現実的ではないでしょう。

次に駐車場経営を行うメリットです。

メリットとして、次のものがあります。

「多くの土地が対応可能」、「自己資金がなくてもスタートできる」、「他の方法に途中で転用できる」、「いつでも土地の売却が可能」、「短期間活用ができる」等です。

駐車場を経営するメリットは、やはりその手軽さが一番です。

その他の土地活用のように土地の選ぶ事もなく、様々な場所で行えます。

また業者に全て委託する事も可能ですので、素人でも参入しやすいです。

このように、駐車場の経営には様々なメリットがあります。

これから始めたいけど少し不安がある方は、住まいのスターとして人気のリビンマッチがおすすめです。

土地活用で損すると大きな痛手となりますので、一度はプロの土地活用プランも見てみましょう。決めるのはその後です。

リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。

土地活用で駐車場経営に向いている人

皆さんは遊休地をお持ちでしょうか?

空いた土地を、そのまま放置している人もいるようですが、これはとても勿体無いことです。

土地を有効に使う方法は色々ありますが、その中の1つに駐車場があります。

駐車場としての土地活用について説明します。

車社会といわれている現在、車を駐車する場所の確保に苦労している人も少なくありません。

そんな時、近くに車を置ける場所があれば助かるでしょう。

駐車場経営は、そのような人たちに最適な場を提供することができます。

駐車場経営というのは制約リスクがあまりないため、多くの人に向いている土地活用といわれています。

一般的に、次のタイプの人に向いています。

「お金をかけないで土地を有効活用したい人」、「将来の転用性、流動性などを確保したまま活用したい人」、「土地の空きスペースを有効活用したい人」、「相続税対策など、短期間の土地活用を考えている人」、「法規上の理由など建物の建築できない土地を有効活用したい人」などです。

上記に該当する人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

土地活用で駐車場のメリットについて

土地活用としての駐車場経営には、様々なメリットがあります。

まずは、初期投資を低く抑えられることです。

平面土地を利用する場合、初期投資なしでも活用できます。

また立体駐車場を設置する場合、充実した設備が必要となることもありますが、建物の建築と比べると投資額を大きく抑えることができます。

また駐車場経営を止めた場合の転用、また更地への復帰が簡単にできることもメリットとして挙げられます。

例えばアパート、マンション経営のために借家権契約を締結した時は、借地借家法によって別の用途転用は困難になります。

しかし、駐車場経営は借地借家法の適用はありませんので、転用も容易にできます。

このように様々なメリットが考えられるのです。

土地活用の方法も様々ありますが、その中の1つに駐車場としての利用があります。

興味がある方は、一度その内容を見てみるのも良いと思います。

まずは学ぶことから始めましょう。

リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。

土地活用での駐車場は増えています


今全国で数を増やしているのが、駐車場経営です。

空いてしまって利用のしようがない土地をなんとか活用できないか、そんなお悩みをお持ちの所有者は多いようです。

土地活用でもっともポピュラーなのがアパート、マンション経営です。

しかしこれらの方法は土地の舗装工事、建物の建築工事など初期費用がかかりすぎるうえに入居者の管理など心配のタネは尽きません。

ましてやあまりのも近年同じようにアパート経営をはじめるひとが増えてきて、全国で飽和状態になっています。

そこで駐車場経営が数を増やしているのです。

そのメリットとデメリットも合わせて紹介していきます。

土地活用の方法として駐車場経営は大変優れているといえます。

まず初期費用がアパートなどと比べても数十万円ほどで済むのではじめやすいことがあります。

初期費用が安いのは最大のメリットといえるでしょう。

そして一度駐車場として道路補整工事をしてしまえば経営することになっても、アパートのように入居者の管理や運営、空室が出ればリフォームなどの経費がかかるなどということもありません。

対して駐車場経営は高い利益を上げにくいことと、税制面でアパートほど優遇されないため長期的にはデメリットといえるかもしれません。

土地活用のための駐車場経営のメリット、デメリット双方の紹介をしてきました。

複数の有名不動産会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト「リビンマッチ」がおすすめです。

駐車場の土地活用でコストカット

土地活用をしようと思っても、賃貸のアパートやマンションを建てる費用がないと考えている人もいます。

費用の問題を気にしているのであれば、周辺住民または商業施設に利用できるような駐車場を作ることをおすすめします。

駐車場の費用であれば、賃貸のアパートやマンションを建てるよりもコストカットができます。

年齢が40代以上になってくると、土地が余っているからといって賃貸のアパートやマンションを建てるには苦労してしまいます。

建物を作る費用は、借り入れを行うことで何とでも対策が取れるのですが、その年から負担を増やしたくないという人もいます。

正直、建物を建てる費用は数千万円程度かかるといわれていて、家賃収入から返していくことも可能ではあります。

しかし、費用を抑えたいということであれば駐車場を設置して、効率的に収入を経た方が良いかもしれません。

周辺環境が集合住宅の多いところであれば、駐車場が足りないということで利用者は増えていくと考えられます。

土地活用で利用価値を上げたいのであれば立体駐車場

狭い土地で駐車場を構えたり、利用価値を上げたいのであれば立体駐車場などもおすすめです。

立体駐車場であれば利用者を効率良く増やすことができ、雨のあたらない車庫の役割となるため、利用者をアップさせることができます。

また、車庫がない一軒家の方の利用が増えることも考えられますので、利用価値は上がるといえるでしょう。

しかし、立体駐車場を作る場合は多段式の駐車場となってしまい建築物という扱いになってしまいます。

建築物という扱いになってしまうと、建築基準法の適用を受けなければならなくなります。

また、用途地域制限により、住宅地での設置が認められない可能性もありますので、土地活用を行う前にきちんと確認を取ることが必要です。

無料で資料請求を行い、費用がどのくらいかかるのかを比較してみましょう。

ただ、儲けたいという考えで駐車場を設置しても意味はありません。

資料を読んで、分からないところは直接プロからの土地活用プランを提示してもらいましょう。

リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。