今全国で数を増やしているのが、駐車場経営です。

空いてしまって利用のしようがない土地をなんとか活用できないか、そんなお悩みをお持ちの所有者は多いようです。

土地活用でもっともポピュラーなのがアパート、マンション経営です。

しかしこれらの方法は土地の舗装工事、建物の建築工事など初期費用がかかりすぎるうえに入居者の管理など心配のタネは尽きません。

ましてやあまりのも近年同じようにアパート経営をはじめるひとが増えてきて、全国で飽和状態になっています。

そこで駐車場経営が数を増やしているのです。

そのメリットとデメリットも合わせて紹介していきます。

土地活用の方法として駐車場経営は大変優れているといえます。

まず初期費用がアパートなどと比べても数十万円ほどで済むのではじめやすいことがあります。

初期費用が安いのは最大のメリットといえるでしょう。

そして一度駐車場として道路補整工事をしてしまえば経営することになっても、アパートのように入居者の管理や運営、空室が出ればリフォームなどの経費がかかるなどということもありません。

対して駐車場経営は高い利益を上げにくいことと、税制面でアパートほど優遇されないため長期的にはデメリットといえるかもしれません。

土地活用のための駐車場経営のメリット、デメリット双方の紹介をしてきました。

複数の有名不動産会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト「スマイスター」なら、土地活用の無料の相談が可能ですのでぜひ利用してみてください。

年齢が高くなってくると賃貸アパートの費用が出ない場合も

土地活用をしようと思っても、賃貸のアパートやマンションを建てる費用がないと考えている人もいます。

費用の問題を気にしているのであれば、周辺住民または商業施設に利用できるような駐車場を作ることをおすすめします。

駐車場の費用であれば、賃貸のアパートやマンションを建てるよりもコストカットができます。

年齢が40代以上になってくると、土地が余っているからといって賃貸のアパートやマンションを建てるには苦労してしまいます。

建物を作る費用は、借り入れを行うことで何とでも対策が取れるのですが、その年から負担を増やしたくないという人もいます。

正直、建物を建てる費用は数千万円程度かかるといわれていて、家賃収入から返していくことも可能ではあります。

しかし、費用を抑えたいということであれば駐車場を設置して、効率的に収入を経た方が良いかもしれません。

周辺環境が集合住宅の多いところであれば、駐車場が足りないということで利用者は増えていくと考えられます。

より利用価値を上げたいのであればこうする

狭い土地で駐車場を構えたり、利用価値を上げたいのであれば立体駐車場などもおすすめです。

立体駐車場であれば利用者を効率良く増やすことができ、雨のあたらない車庫の役割となるため、利用者をアップさせることができます。

また、車庫がない一軒家の方の利用が増えることも考えられますので、利用価値は上がるといえるでしょう。

しかし、立体駐車場を作る場合は多段式の駐車場となってしまい建築物という扱いになってしまいます。

建築物という扱いになってしまうと、建築基準法の適用を受けなければならなくなります。

また、用途地域制限により、住宅地での設置が認められない可能性もありますので、土地活用を行う前にきちんと確認を取ることが必要です。

無料で資料請求を行い、費用がどのくらいかかるのかを比較してみましょう。

ただ、儲けたいという考えで駐車場を設置しても意味はありません。

資料を読んで、分からないところは直接相談しましょう。