土地活用の方法も様々ですが、その中の一つに駐車場経営があります。

遊休地があるのであれば駐車場経営する事で、ある程度の収益を得る事ができます。

土地活用で駐車場経営を行う時は、まず駐車場の種類を把握しておいてください。

駐車場経営は、「月極駐車場」と「コインパーキング」の2つのタイプに分けられます。

そして月極駐車場は業者に募集、管理委託する「管理委託方式」と、業者に駐車場の全てを転貸する「一括借上方式」があります。

またコインパーキングは、業者に土地を賃貸するだけの「土地賃貸方式」と、自分で駐車場を整備、管理し業者に運営を委託する「自己経営方式」に分かれます。

その他に業者を一切介さずに行う方法もありますが、素人の方にとっては現実的ではないでしょう。

次に駐車場経営を行うメリットです。

メリットとして、次のものがあります。

「多くの土地が対応可能」、「自己資金がなくてもスタートできる」、「他の方法に途中で転用できる」、「いつでも土地の売却が可能」、「短期間活用ができる」等です。

駐車場を経営するメリットは、やはりその手軽さが一番です。

その他の土地活用のように土地の選ぶ事もなく、様々な場所で行えます。

また業者に全て委託する事も可能ですので、素人でも参入しやすいです。

このように、駐車場の経営には様々なメリットがあります。

これから始めたいけど少し不安がある方は、住まいのスターとして人気のスマイスターに無料相談してみてください。

駐車場経営に向いている人

皆さんは遊休地をお持ちでしょうか?

空いた土地を、そのまま放置している人もいるようですが、これはとても勿体無いことです。

土地を有効に使う方法は色々ありますが、その中の1つに駐車場があります。

駐車場としての土地活用について説明します。

車社会といわれている現在、車を駐車する場所の確保に苦労している人も少なくありません。

そんな時、近くに車を置ける場所があれば助かるでしょう。

駐車場経営は、そのような人たちに最適な場を提供することができます。

駐車場経営というのは制約リスクがあまりないため、多くの人に向いている土地活用といわれています。

一般的に、次のタイプの人に向いています。

「お金をかけないで土地を有効活用したい人」、「将来の転用性、流動性などを確保したまま活用したい人」、「土地の空きスペースを有効活用したい人」、「相続税対策など、短期間の土地活用を考えている人」、「法規上の理由など建物の建築できない土地を有効活用したい人」などです。

上記に該当する人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

メリットについて

土地活用としての駐車場経営には、様々なメリットがあります。

まずは、初期投資を低く抑えられることです。

平面土地を利用する場合、初期投資なしでも活用できます。

また立体駐車場を設置する場合、充実した設備が必要となることもありますが、建物の建築と比べると投資額を大きく抑えることができます。

また駐車場経営を止めた場合の転用、また更地への復帰が簡単にできることもメリットとして挙げられます。

例えばアパート、マンション経営のために借家権契約を締結した時は、借地借家法によって別の用途転用は困難になります。

しかし、駐車場経営は借地借家法の適用はありませんので、転用も容易にできます。

このように様々なメリットが考えられるのです。

土地活用の方法も様々ありますが、その中の1つに駐車場としての利用があります。

興味がある方は、一度その内容を見てみるのも良いと思います。

まずは学ぶことから始めましょう。