100坪の自分の土地を放置せず上手に活用するには、きちんとした知識が必要になります。

まずその土地の用途地域を知ることから始めましょう。

用途地域とはその地域にどんな種類の建物を建ててよいのかを定めたものです。

用途地域は他にも土地面積に対してどれだけの建坪や面積の建物を建ててよいのかまでわかりますから、土地活用を考える上で欠かせないものです。

用途地域が把握できたなら100坪の土地活用の方向性がだんだんと定まってくることでしょう。

建てられる建物やできることに決まり事があることがみえてくるからです。

次にその土地の地域性をしっかりと把握しておきます。

例えば道路に面しているなら賃貸としてコンビニエンスストアにすることや駐車場にすることを考えるべきですし、会社や学校、スーパーが近くにあるのならばアパートやマンションなどの住居にすることが現実的にもっともよい選択肢になります。

田舎の土地なら近所のひとが農地や倉庫などとして使いたいと思っているかもしれません。

たった100坪だから土地活用は無理などと決めつけないで、わからないことはまずプロである不動産会社に相談してみることが大切です。

100坪の土地活用をどのように始めたらよいのかひとつの例を紹介してきました。

素人ではなかなかわからないことや解決策も専門家なら思わぬ活路を見出してくれることもあります。

複数の会社に資料を一括請求できる不動産比較のポータルサイト スマイスターなら無料の相談が可能ですのでぜひ活用してみてください。

土地の広さが重要になってくる

土地が更地となっていても土地の条件が良くなければ、土地活用が大成功するとはいえません。

土地の条件にプラスして、立地条件によっても異なってしまいます。

土地活用を成功させる、土地の条件や立地条件とはどんなものなのでしょうか?

土地の広さに関していうと、狭いよりは広い方が土地活用に適していると考えられます。

100坪程度の土地の面積がある場合は、駐車場や外構を整備した賃貸マンションも経営できるようになります。

土地の大きさによってワンルームの部屋にするのか、ファミリー向けの部屋にするのかということも変わってきます。

ファミリー向けとなってしまうと、最低でも2DK、2LDK、3LDK程度の広さが必要です。

自分が所持している土地の面積を考えたうえで、より利益が得られて毎月の収入も上がるような経営を考えていきましょう。

立地条件が良い場所で土地活用を行う

賃貸アパートやマンション、駐車場などは初期費用がかかってしまうビジネスとなっています。

その中でも、賃貸アパートやマンションの場合は多額に資金が必要となるため、立地条件が良い場所に建てることで利益を生んでくれるようになるでしょう。

土地活用をする周りに駅があったり、学校や生活するために必要な商業施設がたくさんある場所がおすすめとなっています。

こういったものが近くにある場合は、自然と人が集まってくる傾向がありますので、賃貸のアパートやマンションを建てても経営が上手くいかなくなることはないでしょう。

また、長く経営していけるようになるので、このような立地条件であることが必要になってきます。

地主さんによって、土地活用を行う時は土地の条件や立地条件は多少の違いがあります。

しかし、ある程度人が集まりやすい場所だったり、生活しやすい場所を土地活用しているという特徴が見られます。

まずは資料を請求して、費用がどのくらいかかるのかを会社を見比べて確認してみましょう。