東京の土地活用はプロに相談

土地の活用を考えている方の多くは、既に思い思いのプランを頭の中に描いている方が多くいらっしゃいます。例えば、この空いている土地を活用するには駐車場がいいのではないだろうかと。
 

しかし、実際に自分の思い描いたプランが、上手くいくのかどうか自分では判断がつかないものです。心当たりはないでしょうか?
 

一口に土地活用といっても、具体的な方法は様々です。土地の面積や立地によって、活用方法は違いますし、建物を建てる場合は初期費用も発生します。いきなり駐車場経営を始める!という方がいらっしゃいますが、思いつきで始めてしまうと、上手くいかないケースも多いようです。
 
初期のプランが重要となりますが、どうすれば良いのでしょうか? どうればいいかを、プロに聞いてみれば良いのです。土地活用のプロならば、あなたが持て余している土地の活用プランや、その費用対効果を教えてくれます。もちろんタダで。あなたは長期的な目線に立って最良の選択をすれば良いのです。
 

ただ、プロといっても業者の話なんて、いきなり信用できませんよね。うまい話で、騙されるんじゃないか?そういう方は、複数の会社から一度に「合い見積もり」を取ってしまうのです。
 

A業者の活用プラン・B業者の活用プラン・C業者….そうすれば、業者の良し悪しが比較で見えてきます。大切な土地の活用ですので、各社の活用プランをじっくりと見比べて、本当に満足のいくプランで活用すれば失敗のリスクは限りなく抑えられます。
 

一度に各社の活用プランが分かる方法があります。もちろんタダで。それが、リビンマッチというサービスです。
 

最終的な土地活用のプランを実行するまでお金は一切かかりませんので、どんな活用プランがあるのか見てみるだけでも面白いかもしれません。駐車場経営くらいしか、考えていなかったけど、こんな活用プランもあるのか。といった気づきもあるかもしれません。

◆ リビンマッチ 東京でオススメの完全無料一括資料請求 ◆

 

リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。

東京の土地活用で失敗しないコツは地主ではなくオーナーとして考えること

土地活用を行う場合は、きちんとした目的を持って行うようにしましょう。

目的が曖昧となってしまうと、利益を生み出すどころか経営が失敗してしまうこともあります。

失敗しないためには、土地活用を行う段階で明確な目的や利益を考えるようにしましょう。

東京で失敗しない土地活用とは

土地が更地となっているからといって、アパートや駐車場、マンションなどを建てても上手くいきません。

大まかに土地活用をすることだけを考えてしまうと、早い段階で失敗してしまうこともあります。

自分では何のプランも持っていなかったため、営業の言われるがままにしてしまった地主さんが、経営に失敗してしまうということも良くある話です。

地主という感覚ではなく、アパートや駐車場、マンションなどで利益を得ようとする場合は、オーナーになる気持ちで経営をしていくと良いでしょう。

利益を目的として失敗しない土地活用

地主さんからオーナーという気持ちになることで、アパートやマンションの空室を防ぐことができます。

建てる時にどのように工夫をすれば良いのか、空室を防げるかということを第一に考えるようにすると、空室で悩みことはなくなり、常に利益を生んでくれるようになります。

確実に儲かるようにすることが失敗しないコツです。

オーナーという自覚を持って立地や周辺地域の情報をしっかりと考え、客観的に長い目で見たプランを練ることが大切です。

また、様々なニーズに答えられるようなアパートやマンションを建てることで空室になりにくくなり、いつも満室状態をキープできるでしょう。

何でも良いから、という理由で利益を得ようとする場合は失敗してしまうことも考えられますので、様々な方法で利益を得られるようにしていきましょう。

専門の業者と綿密な打ち合わせを繰り返し、資産運用などについて考えていくことも失敗しないポイントといえます。

経営を失敗させたくないという方は、無料の資料請求を行い費用をできるだけ抑えられるように、色々な会社を比較してみましょう。

東京で土地活用をお考えでしたら

土地活用によって収益を得る事もでき、生活も今までより楽しくなります。

東京にお住まいの方の中にも、土地の活用を考えている方も多いと思いますが、まずはどのような事業をしたいのか計画を練る事が大切です。

賃貸住宅経営、駐車場管理、マンションやアパート経営、トランクルーム、また不動産売却等の方法があります。

不動産売却は不要な土地を売却した後、その売却益で新しい土地を購入する事で、新たな事業を始める事ができます。

その意味からも、不動産売却も立派な土地活用と言えます。

土地の活用を行う時は、まず東京にある不動産の形状、広さ等を把握しておいてください。

いくら立地が良くても土地が狭かったり、形状が悪かったりすると、思うように収益が上がらない事も考えられます。

土地の広さや形状に問題なければ、後はその土地に見合った方法を選択すれば良いのです。

土地活用が今回初めての方は、まず駐車場経営から初めてみてはいかがでしょうか。

駐車場経営であれば、途中から事業を変更する事も可能です。

まずは駐車場経営で様子を見て、その後にもっと効率の良い方法があれば、そのまま乗り換える事もできます。

東京でも様々な事業ができますので、自分に合ったものを探してみてください。

また不動産に関しての問題解決は、リビンマッチで一括依頼や無料相談を利用すると良いでしょう。

様々なアドバイスをしてもらえます。

使用しない土地があるのであれば、土地活用をお勧めします。
 
リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。

東京ならではの土地活用事情

東京で使っていない先祖代々の土地活用を考えているという方は、ここ数年間だけもかなり増えてきているようです。

東京で土地を活用するメリットというと、やはり首都であることから利便性をとても重視されることが多いと思います。

活用方法の選択肢も幅が広く、収益性が高いことがあります。

何よりも、東京都は賃貸の需要が高いことがその理由だと思われます。

土地が狭くても、使い方によっては高い収益を上げることが可能になっています。

東京の土地活用は地方より魅力

都会は地方に比べると地価も高く土地を持たれていることは大きなメリットと考えられています。

しかし地下が高いと固定資産税も高く、維持していくことは思いのほか大変です。

50代で定年間近の方々にとっても土地活用はその後の生活には欠かせません。

土地の活用の仕方は様々で曖昧な運用は利益を生まなくなることもあります。

自分で考えるだけよりも土地活用の専門家に相談して自身の土地に最も有効な活用方法を検討することが重要となります。

東京での土地活用で必要な法律知識とは?

皆さんは、土地活用と聞いてどのようなことを連想しますか?

様々な方法をイメージするかもしれませんが、大切なことはその土地に合った方法を見付けることです。

東京で、土地を活用するために注意する点を紹介しましょう。

土地活用での法律の知識

土地活用をする場合、空いた土地に建物を建築する人も少なくありません。

特に東京は人口も多いので、マンションやオフィスビル、テナントなどを設置すれば多くの入居者を見込めます。

しかし実際に建物を建築する時は、まず建物の知識を身につけておくことが大切です。

建物を建築する場合、特に大切なのが都市計画法です。

まずはこの都市計画法について、しっかり理解しておく必要があるでしょう。

都市計画法には、土地は利用の仕方についての細かい規程があります。

都市には市街化を積極的に行う市街化区域と、市街化を抑制する市街化調節区域に分類できます。

このうち、マンションやオフィスビルを建築できるのは市街化区域になります。

そして用途地域が異なると、容積率や建物の高さも変わります。

この用途地域は「住居」、「商業」、「工業」の3つに分類されます。

マンションやオフィスビルなどで多くの収益性を上げるためには、商業や工業地域に建築する必要があります。

土地活用の用途地域について

東京で土地活用を行う場合、まずは都市計画について理解してください。

商業地域は駅周辺に多く設定されていますので、この辺を選んで利用すると良いでしょう。

また容積率については、200~1300%の範囲内で規定されています。

利用する地域によっては、道路1つで用途地域が変わることも考えられますので注意が必要です。

まず利用予定地域がどのような場所なのか、事前にマーケティングを行うことをおすすめします。

そしてその地に合った方法で、土地を有効利用してください。

東京で土地活用を予定している人も多いかもしれません。

東京は人口も多いので、様々な活用法が考えられます。

しかし実際に活用する前に、まずは法律などの知識を身につけておくことが大切です。

土地活用で損すると大きな痛手となりますので、一度はプロの土地活用プランも見てみましょう。決めるのはその後です。

リビンマッチは無料で土地活用プランを複数提示があり、最終的に一番お得なプランを選べます。